刊行物のご案内

「文化財保存修復学会誌(古文化財之科学)」

文化財保存修復学会誌

「文化財保存修復学会誌(古文化財之科学)」は会員による論文の発表の場で,誌名が「古文化財の科学」であった時期を含めると50年あまりの歴史をもつ,文化財保存に関わるわが国で最も古い学会誌のひとつです.

■ 最新号(60号,2017年3月発行) 目次

〈論 文〉
  [報 文]
1 岡泰央・高井由佳・後藤彰彦・岡興造
叩打作業における打刷毛の3次元挙動の解明
pp.1-9
2 栗田勝実・佐藤優樹・青木繁・金澤光雄
展示文化財を対象とした簡易小型免震装置
-装置の評価と振動実験による実証-
pp.10-21
3 酒井清文・早川典子・楠京子・山中勇人・川野邊渉
ポリビニルアルコール分解酵素の劣化ポリビニルアルコール除去への応用
-酵素と接着剤および色材間の相互作用-
pp.22-35
  [資 料]
4 李壃・稲葉政満
経年劣化した図書資料における熱分解ガスクロマトグラフィーにより測定した
レボグルコセノンの分布
pp.36-45
  [公開シンポジウム]
5 文化財を伝える
-東日本大震災で被災した文化財を考える
pp.46-87

投稿規定について

文化財保存修復学会誌への投稿を希望する場合(会員に限ります)、投稿規定をご覧の上手続きをお願いいたします。

学会誌頒布について

文化財保存修復学会誌等のご購入は、学会事務局へお問い合わせ下さい。
○在庫数と価格はこちらをご覧下さい。
 在庫が少ないものにつきましては、学会事務局にご確認下さい。
○頒布申込書にご記入の上、メール、FAXまたは郵送にて学会事務局へお申込下さい。
 折り返し請求書をお送りさせていただきます。(原則として先払いで承っております)
 頒布申込書はこちら
 1冊につき発送手数料300円を申し受けます
※刊行物の販売は発送のみで承ります。

全部・一部を問わず複写の申し込みは受け付けておりません。

著作権法の範囲での複写は、国立国会図書館、都道府県の中央図書館などをご利用いただければと思います(所在についてのお問い合わせには応じかねます。各図書館の検索システム、目録カードなどをご利用下さい)。なお、著作物複写に関する許諾手続きについては、学会誌の冒頭をご参照ください。 

▲ ページトップへ戻る