文化財保存修復学会は、文化財の保存に関わる科学・技術の発展と普及を図ることを目的とした学会です。文化財保存にさまざまな立場から携わる専門家が集まり、研究、教育、一般向けの文化財に関わる知識の普及など活発な活動が行われています。

English information here >>

令和6年能登半島地震へのお見舞い

 このたびの地震及び津波で被害を受けた学会員、およびご家族、その友人の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 家屋やインフラなどの被害の情報とともに、文化財の被害も伝えられております。またこれらへの対応について、過去の災害での経験を活かしながら、 多くの組織、団体が対応の準備を始めているとも聞き及んでおります。私たち、文化財保存修復学会も状況の推移を注視しながら、 適切な時期にできる限りのご協力ができるよう準備を進めて参ります。

 被災された皆様が、どうか一日も早く穏やかな日常を取り戻されるようお祈りするとともに、国民共通の財産である文化財が救われ、復旧されんことを願っております。

令和6年1月9日
一般社団法人文化財保存修復学会
理事長 本田光子

文化財保存修復学会からのお知らせ

・文化財保存修復学会 第46回大会ホームページ New!

・「文化財保存修復学会 第46回大会の開催について」 New!

・国立民族学博物館主催、文化財保存修復学会共催
みんぱく創設50周年記念国際シンポジウム
「博物館における資料保存の過去、現在、そして未来」
(2024.2.10~11 国立民族学博物館みんぱくインテリジェントホール) New!

24.2.14

・文化財保存修復学会『通信』第180号発行
(会員専用ページ) New!

23.9.28

・「古文化財之科学」および「文化財保存修復学会誌[古文化財之科学]」英文要旨 Web 公開についての許諾のお願い(告知)

23.6.8

・第16回 文化財保存修復学会 学会表彰 受賞者決定

その他のお知らせ

23.12.23

・会員からのご案内
「第10回全国史料ネット研究交流集会 in 首都圏」(2024.2.17~2.18)

New!
23.12.14

・他団体からのご案内
「「文化財の保存修復及び芸術研究に関する研究者への助成について」(2024.1.10~2024.2.29)