表彰者推薦・募集要項

第11回表彰者推薦依頼

一般社団法人 文化財保存修復学会

学会活動の更なる活性化を目指して確実な一歩を踏み出すためには、足跡をたどり優れた業績を位置付けていくことも重要です。第11回学会表彰に向けて、推薦方、よろしくお願いいたします。なお推薦書類は表彰委員会でのみ利用し、推薦者名は委員会でも非公開といたします。

表彰式は2017年文化財保存修復学会総会で行います。

■ 記

表彰題目
【学会賞】
文化財および文化財に関連する領域において、保存および修復の学理、修復技術およびその応用などの研究および活動を通して、文化財の保存および修復の分野の発展に特別な功労があったものに授与する。(表彰規程第3条)
【業績賞】
文化財および文化財に関連する領域において、保存および修復の学理、修復技術およびその応用など一連の研究および活動を通して、文化財の保存および修復の学理や技術の発展に多大な功績があったものに授与する(表彰規程第4条)
【奨励賞】
文化財および文化財に関連する領域において、保存修復あるいは保存科学の学理、修復技術および応用などの一連の研究および活動を通して、文化財の保存および修復の学理や技術の発展に大きな活躍が見込まれる会員で次の各号すべてに該当する者に授与する
(1)表彰を受ける年の4月1日現在で40歳以下であることが望ましい。
(2)奨励賞ならびに業績賞を受賞したことがないこと。
(3)文化財保存修復学会大会で発表、あるいは文化財保存修復学会誌へ投稿したことがあること(表彰規程第5条)
表彰対象者 自薦、他薦あるいは表彰委員による推薦による個人(名誉会員除く)。非会員も推薦できますが、受賞時に会員であることが必要です。
選考方法 表彰規定に則り表彰委員会で審議
推薦方法 推薦者ごとに推薦書を作成して、下記までご郵送ください。

■ 推薦書 記載事項

  • 被推薦者氏名(必須)
  • 所属・職務内容等、学会での業績
  • 学会活動への貢献
  • 保存修復分野全体での活動内容(業績賞・奨励賞は必須)
  • 特記事項
  • 推薦文と推薦者署名(必須)
    ※お送りいただきました推薦書類等は返却いたしませんので、あらかじめご了承下さい。
■ 様式のダウンロード

表彰委員会の判断で、推薦関係資料等を追加でご用意いただく場合があります。

■ 書類送付先

文化財保存修復学会事務局
封筒に朱書きにて「表彰推薦」と明記して下さい。
〒110-0008
東京都台東区池之端4-14-8ビューハイツ池之端102号室
NPO文化財保存支援機構気付

■ 締切り

2017年3月17日(金)

■ 過去の表彰者(敬称略)

▲ ページトップへ戻る